スケート教室(浪速スポーツセンター)口コミ

浪速スポーツセンターアイススケート場のアイススケート教室に参加しました。内容について口コミをレポートします。

スケート教室

浪速スポーツセンターアイススケート場のアイススケート教室は1ヶ月単位で前月に申込を行います。

毎週1回の月4回です。

私は2月の土曜日(8:45~9:45)の教室に参加しました。

教室はレベルによって5グループに分かれます。
私が参加したのは初級(白リボン)クラスです。

小学生が20人くらいと大人が4人でした。

昇級試験

月の最終週はレッスンの最後に昇級試験があります。
昇級試験に合格すると上のクラスに上がれます。

試験の内容は、片足立ちで滑るのと、「ひょうたん」です。

子どもは大半が合格、それに対して大人は全員不合格と思いきや、1人がギリギリ合格という結果でした。

スケート教室で滑るようになるのか?

私は普通に滑れるようになりたくてスケート教室に参加したのですが、結果として滑れるようにはなりませんでした。

コーチは色々とアドバイスしてくれますが、中々その通りにできません。
というかそれ以前にコーチの言っていることが今一理解できませんでした。

生徒の人数が多いこともあり、とことん滑れるまで指導してくれるという教室ではありません。

それと、子ども達が見ている前で、下手に滑っているのも恥ずかしいものです。

私は今月が初めてだったのですが、他の方は2ヶ月目以上されているようです。

小学生の女の子で全く初めてで手すりをつかまないと立てないという子は4回目にてようやく、手すりなしで立てるようになりました。

ちょっと時間がかかり過ぎの感があります。
コーチの指導力には不満足です。
そえばかりか、男性のコーチには途中から無視されました。

大人の場合、私以外は、親子で教室に通っている方でしたが、その一人は来月からは別の教室に通うと言ってました。

そもそも、1週間に1回だと、毎回、初めてと大して変わりません。

レッスン後に自由に滑れる時間が1時間あるのですが、どう練習をすればいいのか分からないし、靴が足にあっていないのかすぐ痛くなってきます。
結果、練習は15分ほどで切り上げてました。

これではうまくなるはずがありません。

これ以上、回数を重ねてもうまくなる気がしなかったので継続の手続きはとりませんでした。

ただ、以前に比べると立つのが怖くなくなりました。

スケートの靴

コーチの話やネットの情報でも貸し靴ではうまくならないそうです。
というのは、貸し靴の場合、変な癖がついている場合が多いです。

自前の靴に変えただけで滑るのが楽になるそうですが、私はそこまでしてやる気はありません。

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ