抜けた歯の治療方法

抜けた歯の治療で義歯を作成したのですが、出来上がったのは張りぼてのダミー入れ歯でした。
抜けた歯を補う方法にはブリッジ・義歯・インプラントの3種類の方法があります。

ブリッジ

虫歯になった歯が2本抜けて、ブリッジという人工歯を入れてしました。
これはダミーの歯を抜けた両隣の歯にかぶせる冠と一体で作ったもので、両隣の歯を土台にして、人工歯を支えるわけです。

ただ、支歯は健康であっても冠をかぶせる為、多く削らなければなりません。
さらに両隣の歯に荷重がかかるため、両隣の歯に負担になりよくないそうです。

私の場合、4年たったある日、ブリッジが取れてしまいました。
その後、歯医者に行く暇もなく、そのままにして生活していたのですが、歯が抜けたままにしておくと弊害があるとのこと。

歯がない反対側の歯が伸びてくるのだそうです。
そして、かみ合わせが悪くなることで顎(顔)が変形してくる恐れがあります。

義歯

歯医者は「義歯」というので歯の形をしたものを想像していたのですが、歯と歯肉の絵が描いた張りぼてでした。

フックで両隣の歯にひっかけます。

衛生上、毎夜、はずす必要があります。
要は入れ歯ですね。

最初の説明では1日一回でしたが、食べ物がたまることを伝えると、毎食後、外して手入れするのが理想だといわれました。

材質は堅いので装着すると絶えず違和感があります。

そして、しばらくして食事中にはずれてしまいました。
固定するにはさらにバネをいれて別の歯にひっかける方法があるそうですが、かなり違和感があるそうです。

インプラント

歯医者のおすすめはインプラントです。

これは骨に金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着するというものです。
待合でビデオが始終流れているのですが気持ち良いものではありません。

慣れない医者にあたると神経に触って後遺症が出る場合もあるとか。

さらに保険が効かないため高額です。

ただ、うまくいけば元々生えている歯を変わらないので違和感や手入れは必要ないようです。

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ