肩・腕・背中の痛みを治療

肩から腕(背中)の辺りの痛みが2ヶ月たっても治らない。
そこで、痛みが即効で消えるという整体院で治療を受けてきました。
前回(整体院で肩の治療)の続きです。


レーザー治療は体の深部を温めるのに用いるそうです。

私の場合、へそ下三寸くらいのところを棒(先生はスティックと呼びます。)で押され、そのすぐ後にレーザー治療を受けましたが、これは脊椎(腰)を温めているらしい。

その後はのどでしたが、これは何でしょうか?
質問ばかりもイヤなのでこれは尋ねませんでした。

そして、いよいよ楽らく療法(laku らくちゃん)。

血圧を測るときに用いるような、手(腕)をのせる台が一つ。
そこに手のひらを上向きに置きました。

先生が経絡?を見つけて、棒2本で押します。
この痛いこと。

どこを押すかは症状によって違うようです。

途中で、私が1本を抑え、同時に先生が他の経絡を押します。

時間は10秒くらいでしょうか?

手のひらだけでなく、腕も押します。
これが殊のほか、痛いです。

こんなに痛いのなら、途中で通わなくなる方もいるのではと思い、先生にお尋ねしてら、そんな方は今まで1人もいなかったそうです。

何しろ、治療を受けている人は今までどこに行っても痛みが解消しなかった人達だり、「らくちゃん」では一回で痛みが軽減するからです。

何箇所か押さえ、最後は助手の方が2箇所、先生が2箇所、私が1箇所の5点押し。
もっとも、私は棒の頭を押さえているだけで力は入れてません。
力を入れているのは先生だけです。

トータルで10分ぐらいでしょうか?
らくちゃん療法が終了。

簿で押さえてところは赤くなり、内出血しました。

途中から変化はあったのですが、普段5~6(マックス10)の肩周辺の痛みが、3~4に軽減していました。
(つづく)

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ