転んで膝を打った(強打した)時の処置は?

駐車場で足がもつれて転んで膝を思いっきり打った(強打)。
下はアスファルトで細かい石もあり、左ひざと両手もケガをして血が出た。
転んで膝を打った(強打した)時の処置は?

骨折と打撲の違いは?

まず、心配したのが膝の皿が割れているのか、ヒビが入っていないかという事。
そこで、ネットで情報を集めると次のことが分かった。

◇痛み
それほど痛くない⇒打撲
かなり痛い⇒骨折

◇膝の曲げ
動くし曲げられる、でも、かなり傷む⇒打撲
激痛で全く動かせない⇒骨折

◇腫れ
片方だけ強打した場合、そうでない膝と比べると分かり易い。
強打した部分だけプクッと腫れる⇒打撲
膝全体的に腫れている⇒骨折

これから察するに私の場合、「打撲」のようだ。

但し、これはあくまでも目安。実際のところは検査しないと分からない。
最初、痛みがなくても、日数がたって痛みが出ることもあるようだ。

では、転んで膝を打った時の応急処置は?

転んで膝を打った時の応急処置は?

「冷やす」のが良い。
湿布があれば貼る。

それと、膝を固定すること。
動かさないのが一番。

確かに膝を伸ばしていると、膝が楽だ。

私が転んだ時、短パンで膝がむき出しであり、地面に砂利が落ちていた為、膝を打つと同時にケガをした。
そこで、とりあえず、水道水で傷を洗い絆創膏を貼った。

幸いな事に傷むこともなく膝を動かすと痛い(自転車は漕げない、歩くと痛い、階段の上り下りはかなり苦痛)という症状で済んだ。

病院は何科に行けば良い?

膝を強打した場合、病院は何科に行けばよいのだろうか?

これは整形外科だ。

ただ、私は基本的に余程のことがない限り病院に行かない主義。

しかし、自己判断で「骨折していない」と言い切る自信はない。
翌日は、随分と楽になったが、整形外科に行った。

「骨折だろうか?」と不安を抱えて生活するより、病院に行ってはっきりした方が精神衛生上、良い。

整形外科で診察

最初に問診票に記入をしたが、医師に直接事情を話す。
とりあえず、レントゲンをとりましょう、ということになった。

写真は3枚。

結果、レントゲンを見る限り異常は認められない、と。

しかし、レントゲンで異常が見つからなくても骨折している場合があるとのこと。
実際、最近、レントゲンで異常は見つからなかったが、MRIで骨折が見つかった人がいたとか。

ベッドに横になり、先生が触診をすることになった。
ここでも異常なし。

「しばらく様子をみましょう」、となった。

先生に尋ねると運動は1週間控えた方が良い、とのこと。

私の懸念は3日後のゴルフの練習。
しかし、膝の屈伸がないゴルフの練習は問題ないでしょう、とOKが出た。
やれやれである。

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ