「21世紀は男も女も”見た目”が100%」の口コミ・感想

「21世紀は男も女も”見た目”が100%」の内容、読んだ感想(読後感)、レビュー、クチコミです。「男も女も”見た目”が100%です。21世紀はともかく”見た目”が100%。外見をステキに変えてあなたが輝けば、人生も輝きだします。」(「はじめに」より)一人さんの語り下ろしCDツキ!

「21世紀は男も女も”見た目”が100%」内容紹介

当代一の大実業家・斎藤一人さんと、お弟子さんの舛岡はなゑさんが、初めて“見た目”のたいせつさをとことん語り尽くしてくださいました。
見た目を磨くとすべてがうまく回りだす

「21世紀は男も女も”見た目”が100%」目次

第1章 外見を磨く
第2章 着飾る
第3章 顔を磨く
第4章 外見力 体験力

「21世紀は男も女も”見た目”が100%」著者&出版社

●著者:
◇斎藤 一人
銀座まるかん創設者。1993年以来、毎年、全国高額納税者番付(総合)10位以内にただ1人連続ランクインし、2003年には累計納税額で日本一になる。
◇舛岡はなゑ
斎藤一人氏と出会い、教えを受けて、幸せな生き方アドバイザーとして、「開運メイク」のセミナーや講演、著書執筆などで幅広く活躍している。
●単行本(ソフトカバー): 214ページ
●出版社:マキノ出版 (2014/12/2)

21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす・初公開! 一人さんの語り下ろしCDツキ!)

「21世紀は男も女も”見た目”が100%」口コミ

●Amazonカスタマーレビュー(口コミ)では5つ星のうち 3.5(21件)と、斎藤一人さんの本にしては低評価です。

●感想・読後感
ちょっと誤解を与えるタイトルです。
普通”見た目”というと、「2枚目である」とか「美人である」とか顔のことを言うと思います。
しかし、一人さんが言う”見た目”はそこではありません。
一人さんが言う”見た目”とは「外見」のことで、「持ち物」であったり、「顔のテカリ」だったりします
そういう外見で人は他人を判断します。
勿論、「外見」さえ、整えればそれで万全かというとそうではありません。
しかし、いくらお金を持っていても、人は「外見」で判断するので、「外見」に魅力がないと損をしているということですね。

この本は斎藤 一人と舛岡はなゑとの共著になっています。
舛岡はなゑが一人さんのアドバイスで「外見」を変えることで人生が変わったということが元になっています。

ここを抑えて読まないと本の内容を正しく理解できないのではないでしょうか?

問題解決の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ