斎藤 一人「自分さがしの旅」の口コミ・感想

斎藤 一人さんの「自分さがしの旅」(CD付)の内容、読んだ感想(読後感)、レビュー、クチコミです。

「自分さがしの旅」内容紹介

「あなたが思っている、あなたは、本当のあなたじゃないよ。」
(表紙の折り返しより)

「自分さがしの旅」目次

序 あなたが本当に望む世界へ~人生の主導権を握る
・人生の主導者たらん
・自分は大工しかできないんです~っていうけど、そういう人がホントにいたら、よっぽど特殊な人だね(笑)
・何やったって苦労はするけど、不思議と好きな事は苦にならないね
・自分の人生は悲劇だと決めてきている人は、そのドラマ、変えちゃえばいいんだよ
・あの人と結婚するつもりが、違う人を選びました、てことは自分の”意志”でやめたんだよな

本篇 ”本当の自分”に戻って宝の人生に手に入れる~一人さん流・自分さがしの旅
・ほとんどの人は、自分が思ってることの数%も、自分じゃないんだよ
・間違っていい成績をとったのに、親は本気で期待する(笑)
・自分の記憶のなかを旅する”自分さがしの旅”
・オレたち歴史上の人物じゃないんだからさ、過去はどうにでも変えちゃって
・魂は自分の未来を知っているから、「英語、いらない」って
・学校の先生は、自信を奪ったんじゃない、自信がつくような言葉をいうことができなかったの
・親というものは完ぺきであるべきと思ってると、親の未熟さは不満の種なんだよ
・どうしようもないから愛してるって、ゆるがない愛
・マイナスの過去を”いいこと”に解釈できると、今、起きてることでも、自分の思いのままになるんだよ
・失敗者の特徴は、自分の欠点を山ほど発見できるうえに、他人の欠点は10倍、発見できる(笑)
・「過去にもどる」って、前世にまで、もどらなくていいよ(笑)
・スゴくなろうとするのは、「自分はダメな人間だ」と思ってるからだよな
・少ないなかから”いいとこ”を見つけ出せる人間は、不況だろうが何だろうが、マイッタしないんだよ
・欠点は、欠点のままにしとくから、欠点なんだよ
・最初は「宝に変えるべきもの」をくれるんだよ、それは常に、困難にそっくりなんだ
・オレたちの努力は無駄なモノに思うけど、無駄じゃないんだよ

番外編 日本で最高に強運な人の考え方~過去は変えられる!
・子育ての話
・親子の因果の話
・恐怖感を取り除く話

「自分さがしの旅」著者&出版社

●著者:斎藤 一人
座まるかん創設者で、納税額日本一の実業家として知られている。1993年から納税額12年間連続ベスト10という日本新記録を打ち立てる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
●単行本: 166ページ
●出版社:ロングセラーズ (2012/10/20)

「自分さがしの旅」口コミ

●Amazonカスタマーレビュー(口コミ)では5つ星のうち 4.8(20件)と高評価です。

●感想・読後感
斎藤一人さんの著書は何冊も読んでいますが、この本は今まで読んだ本とは内容が違います。

我々が過去に親や先生に言われたマイナスの言葉が今の自分を作っており、それは本当の自分ではないと言います。
さらに、未熟な親や先生に感謝できれば本物です。

また、自分の過去の恥ずかしい(嫌な)思い出をプラスに変えていくことで過去を変えられ、人生が変わるという話です。

本書は一人さんの講演を本にしたものですが、講演を収録したCDがついています。

「CD付」 自分さがしの旅

問題解決の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ