「マルコ~母をたずねて三千里」口コミ

イマジンミュージカル2015「マルコ~母をたずねて三千里~少年マルコの愛と希望の大冒険」を観ました。口コミ、感想を披露いたします。

「マルコ」ストーリー

イタリアのジェノバから遠いアルゼンチンへ出稼ぎに行ったまま連絡が途絶えたお母さんを探しにたった一人で旅立つ少年マルコの物語。

様々な困難にも勇気をもって立ち向かい、お母さんに会えることを信じて旅を続けるマルコ。はたして、再会の日は来るのか・・・。

イタリアのアミーチスによる名作「クオレ」の中の一編を、親子愛や勇気そしてやさしさとは?
決して忘れてはならない大切なテーマと共に描きました。
是非、ご家族様で楽しんで頂きたいオリジナルミュージカルです。

「マルコ」出演者

マルコ:飯嶋すみれ
マルコのお母さん:大林素子
旅芸人の座長 ジェルマーノ:小西博之
メキーネス夫人:雨宮菜生

「マルコ」口コミ

阪急オアシスの応募で招待券(2名分)が当たりました。
それでか、入り口におみやげのお菓子が入った紙袋ももらいました。

主催は阪急OASIS、Izumiya、協賛がハウスということで、劇の冒頭で会社名や製品を入れたセリフをジェルマーノ役の小西博之さんが言っていました。

私はミュージカルは初めてだったので、始まってまず思ったのが、舞台が随分、シンプルだということです。

場面がいくつか変わるのですが、簡単な備品と照明で雰囲気を出していきます。

それと、出演者の総数は16名、主役クラス以外の出演者は何役もこなします。

歌は宝塚出身の雨宮菜生さん、NHK「おかあさんといっしょ」歌のお兄さんの宮内良さん(お父さん役など)は断トツに歌が上手かったです。
マルコ役の飯嶋すみれはオーディションで選ばれたようです。
堂々として歌や演技に不安はなかったです。

話の展開としてはマルコが行く先々でお母さんが勤めているはずのメキーネス家が既に引っ越しをして行方が分からないというのがちょっと安易な感じがしました。

それと、マルコが「様々な困難にも勇気をもって立ち向かい」という部分が今一、伝わりにくかったです。

しかし、マルコが最後にお母さんと再会するくだりでは思わず、感動で涙がこぼれました。

ミュージカルも中々良いですね。
また機会があればミュージカルを観に行きたいです。

娯楽の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ