「君の名は。」情報と感想&口コミ

映画「君の名は。」を見てきました。
「君の名は。」の評判は映画がヒットしているとは聞きましたが、最初、興味はありませんでした。
というのは、「君の名は」というタイトルで思い出すのが、昔の映画。
もっとも、今から50年以上前の映画で私は見ていませんが、何となく内容は知っています。で、勝手に昔の映画のリメイク版だと思ってました。
「君の名は。」が興行収入100億円突破してロングラン上映しており、嫁が見たいと言ったことで、見る気になりました。
「君の名は。」情報と感想&口コミです。

「君の名は。」ストーリー

「君の名は。」は「男の子と女の子が入れ替わる話」と家族からチラリと聞きました。

私は「男の子と女の子が入れ替わる」という設定が好きではありません。
近年、映画もTVドラマもこの設定が使われることが多いですが、全く見てません。

が、実際は、確かに「男の子と女の子が入れ替わる」のですが、単純な話ではありません。

よく考えられた話です。

これ以上はネタバレになるので、いいませんが、面白いです。
ヒットするのが分かります。

もう一回、見たくなる映画です。

「君の名は。」原作

「君の名は。」は新海誠(しんかいまこと)監督のオリジナル脚本です。
脚本を元にした小説が発売されています。

新海誠監督は次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けています。ポスト宮崎駿・細田守と謳われているようです。

≪新海誠監督の作品≫
・「ほしのこえ」(2002年)
・「雲のむこう、約束の場所」(2004年)
・「秒速5センチメートル」(2007年)
・「星を追う子ども」(2011年)
・「言の葉の庭」(2013年)
新海誠監督関連の作品(DVD・小説)

「君の名は。」登場人物&声優

立花瀧:神木隆之介
宮永三葉:上白石萌音
奥寺ミキ(龍のアルバイト先の先輩):長澤まさみ
宮永一葉(三葉の祖母):市原悦子
勅使河原克彦(三葉の同級生):成田凌
名取早耶香(三葉の同級生):悠木碧
藤井司(瀧の高校の友人):島崎信長
高木真太(瀧の高校の友人):石川界人
宮水四葉(三葉の妹):谷花音

主役の2人の瀧と三葉役の神木隆之介さん、上白石萌音さん、とても良かったです。

さすが、役者さんですね。

三葉役は最初、広瀬すずさんかと思いましたが、違いました。
広瀬すずさんと上白石萌音さんは「ちはやふる」で共演しているので、錯覚してしまいました。

他の役者さんも良かったです。
奥寺ミキ役の長澤まさみも色気があってピッタリでした。
「真田丸」とは全く違う雰囲気で良かったです。

「君の名は。」音楽

「君の名は。」は映像もさることながら、音楽も耳に残ります。
映画を見た後、さっそく、嫁がCDを買いました。
良いです。

音楽はRDWIMPSというグループです。
初めて聞きました。

新海誠監督のアニメーション長編映画『君の名は。』のために制作された、主題歌4曲と劇伴22曲を収録した大作!
新海誠監督とRADWIMPSによる綿密なやり取りを経て完成した今作は、プロット段階から1年以上かけ、妥協のない作業を繰り返した末に生まれた、オリジナルアルバムに匹敵する濃密な作品。(Amazonより)

成程、作品と音楽がピッタリ合っているわけです。

私は音楽をあまり知らないですが、ボーカルはスピッツのように思いました。

「君の名は。」感想&口コミ

映像がとにかくキレイ。
現実よりキレイと言ってもいいくらい。
こういったアニメは初めてですね。

そして、脚本。
今回の作品ではミステリーというか謎解きの要素が大きいです。

最初は単純な男女の入れ替わりかと思いきや、物語はとんでもない方向へ展開。

最後の最後まで息が抜けない作品です。

私は後半、うるっとしたのですが、嫁は最初から涙を流してました。
感動大作と言えるのではないでしょうか?

私にはちょっと理解しにくいストーリーだったのですが、家族はすんなり理解できたようで、オヤオヤという感じです。

いつまで上映するのでしょうか?
私が行った時は、月末の平日昼間ということもあり、観客は少なかったですが。
8月の公開からそろそろ3か月になります。

機会があったら、もう一度見たいですね。

娯楽の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ