映画「花戦さ」のあらすじ・キャスト、原作&感想

2017年6月3日封切の映画「花戦さ(はないくさ)」の試写会に行ってきました。
試写会の上映前に映画解説等でお馴染みの森川みどりさんから、映画の裏話等を披露されてました。
映画「花戦さ」のあらすじ・キャスト、原作等の情報と見た感想です。

「花戦さ」あらすじ

物語は、豊臣秀吉が木下藤吉郎と名乗り、織田信長の家臣だったころに始める。
六角堂(頂法寺)の花僧、池坊専好は花を生けることにのみ喜びを感じる男。
ある日、信長の前で、生けた花を披露し…。
それから時が経ち、天下人となった秀吉は圧政で町衆を苦しめていた。
そして、その矛先は専好の身の回りにも…。
六角堂の住職となった専好は、花の力で秀吉をいさめようとする。
専好をこれを「花戦さ」と名付けた。

「花戦さ」キャスト

主な役名と出演者です。

・池坊専好:野村萬斎(主演)
・千利休:佐藤浩市
・豊臣秀吉:市川猿之助
・織田信長:中井貴一
・前田利家:佐々木蔵乃介
・吉右衛門:高橋克美
・専伯:山内圭哉
・専武:和田正人
・絵師れん:森川葵
・石田三成:吉田栄作
・浄椿尼:竹下景子

「花戦さ」原作

映画「花戦さ」の原作は、鬼塚 忠さんの小説「花戦さ」です。

本の内容についてはAmazonに以下の記載があります。

花の名手・池坊専好と茶の名人・千利休は互いに認め合い深い友情で結ばれている。ところが利休は豊臣秀吉の命で非業の死を遂げた。専好は花に救われ立ち直ったが、周りの罪なき者たちが、またもや秀吉のせいで命を落としていく。怒りに震える専好は秀吉への仇討ちを決意した。それも刃ではなく花を用いた方法で…。美と誇りを守り通した男たち。華道家元・池坊に伝わる史実をもとに描かれた感動の物語。

「花戦さ」音楽

映画「花戦さ」の音楽は久石譲さんが担当。
いいです。
心に響きます。
繊細な音楽です。

既にオリジナル・サウンドトラックが発売されています。
全23曲。

「花戦さ」感想

役者さんの演技が際立っています。
特に、主演の野村萬斎さん、佐藤浩市、市川猿之助。
「うまいなあ」と感じました。
いずれも、主役を演じるクラスの俳優さんです。

池坊専好を演じる野村萬斎は今まで違った演技を見せています。
専好の天然の性格を顔の表情で喜怒哀楽を表現しています。

物語は専好と千利休の交流を中心に進んでいきます。
千利休はとにかく「静」の人。
そこに秀吉の圧政が加わり、雰囲気が暗くなりがちなの天真爛漫な性格が物語を「動」へといざないます。

一見、暗くなりがちなストーリーですが、飽きさせません。
上映は2時間7分と結構、長いはずなのですが、あっと言うまでした。

そして、圧巻はこれでもかと紹介される生け花。
ただ、専好は松を好んだそうで、生け花というよりは巨大な盆栽という感じが・・・。

そして、もう1つ映画に花を添えているのが、小松美羽の絵。
劇中では「れん」が絵を書いています。

生け花と絵の花とのコラボレーションですね。

笑いあり、涙あり、感動しました。
また、映画館で見たいです。

映画の前売り券がAmazonでも求められるようですね。
『花戦さ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

娯楽の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ