石丸謙二郎さん講演会「さぁ 列車でいこう!」感想

俳優の石丸謙二郎さんの講演会「さぁ 列車でいこう!」(大阪 中央公会堂)の参加者募集の広告を見て応募したところ、当たったので行ってきました。
主催は朝日旅行。
当日は講演会以外にも様々なイベントがありましたが、講演会のみ参加しました。
石丸謙二郎さん講演会「さぁ 列車でいこう!」の感想です。

旅行文化講演会&「テーマあるゆとりの旅講座」とは?

今回で385回目だそうで、年10回程度開催しているようです。

主催の朝日旅行はJTBと朝日新聞が出資できた旅行会社です。

企業も様々な宣伝活動をしているのですね。

今回のイベント内容は下記の通り。

◇11:00~11:45
“大阪再発見!なにわの渡しウォーク”
北村修治氏(ふるさと塾主催)がご紹介
「大阪に残る八つの渡し船」

◇12:00~13:00
“「日本の秘湯の魅力”
「旅人の心に沿う 秘湯は人なり‥」
案内:日本秘湯を守る会名誉会長・佐藤好億氏

◇14:00~15:30
“講演会 講師:石丸謙二郎”
「さぁ 列車で行こう!」
聞き手:久保美智代(アナウンサー)

◇15:45~16:30
“世界遺産講座”
旅する世界遺産研究家・久保美智代氏の世界遺産への誘い

石丸謙二郎さん講演会「さぁ 列車で行こう!」の内容

時間は1時間半。
最初に朝日旅行の社長のあいさつがありました。
石丸謙二郎さんは何を話すのだろうと思っていたら、対談でした。

聞き手のアナウンサーが進行を務め、石丸さんが答えると言った感じで進んでいきました。

石丸謙二郎さんは「世界の車窓から」の開始からずっとナレーターを務められています。
2016年5月2日にて通算10000回に達した長寿番組です。

今年で丸40年。
テレビ朝日の「徹子の部屋」に次いで長いそうです。

放送はテレビ朝日。
朝日旅行がJTB・朝日新聞グループなので、石丸謙二郎さんが呼ばれたわけですね。

私は「世界の車窓から」を見た記憶は殆どないのですが、月~金曜 23:10 ~23:15(5分)放映されており、石丸謙二郎さんはその全てを覚えておられるとか。

ご自分も列車が旅がお好きなそうで、仕事ついでの旅をされるとのことで、自宅に変えるのは年の半分とか。

石丸謙二郎さんは俳優としては割とくせのある役柄が多いように感じますが、実際は話がうまくてすごく良い方でした。

列車の旅ってどうなの?

私は元々、旅行が好きで、昔はあちらこちら行きました。
ただ、列車の旅はほとんど経験がないですね。

列車の旅と聞いて浮かぶのは駅弁。
その地方の特産品を材料にした駅弁は情緒がありますね。

「世界の車窓から」で取り上げられる列車は殆ど海外の鉄道のようです。
DVDが出てます。⇒「世界の車窓から」

ただ、私が今までに行った海外で列車はなかったです。
いつか、海外の列車も経験してみたいですが、その前に乗ってみたいのが日本の寝台特急。

寝台特急としては、サンライズ出雲(東京⇔瀬戸)、カシオペア(上野⇔札幌)、サンライズ瀬戸(東京⇔瀬戸)、北斗星(2015年3月で廃止)、はやぶさ(2009年3月で廃止)、あけぼの(臨時列車)、トワイライトエクスプレス(大阪⇔札幌)等が有名なようです。

娯楽の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ