「消費税は0%にできる」の口コミ・感想

「消費税は0%にできる」の内容、読んだ感想(読後感)、レビュー、クチコミです。負担を減らして社会保障を充実させる経済学。

「消費税は0%にできる」内容紹介

「消費税引き上げ」に反対する者は非国民なのか?偽装財政危機に騙されるな。日本復活5カ年計画200兆円で、社会保障費の増加と消費税減税が賄える。
※Amazonの「内容紹介」等より抜粋

「消費税は0%にできる」目次

序章 なぜ、政府は消費税引き上げに狂奔するのか?
第1章 国民はこんなに騙されている
第2章 こんな愚作は絶対に許してはいけない
第3章 消費税は引き下げられる
第4章 『財政の罠」に陥る3つのドグマ
第5章 「社会的共通資本」の拡充が国を救う

「消費税は0%にできる」著者&出版社

●著者:菊池 英博
2007年4月からは、経済アナリスト、日本金融財政研究所所長。
●単行本: 266ページ
●出版社:ダイヤモンド社 (2009/7/17)

「消費税は0%にできる」口コミ

●Amazonカスタマーレビュー(口コミ)では5つ星のうち 4.8(17件)と高評価です。

●感想・読後感
この不景気の時代に「消費税増税」は益々、景気の悪化に輪をかけるとアベノミクスの経済政策には常々、不満に思っていたのですが、本書でスッキリしました。

「よくぞ言ってくれました」という内容です。
主張は明快です。

ただ、本書の出版は2009年、今から6年前です。
しかし、政府の経済政策は当時からと何ら変わっていないことに愕然とします。

結局のところ、政治家も厚労省の高級官僚も国民を「江戸時代の百姓」としか考えていないということですね。
消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学

社会の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ