個人型「確定拠出年金」記録不整合

個人型の「確定拠出年金」の加入しています。
国民年金の第1号から第2号に変わったので、1月に運用関連運営管理機関のスルガ銀行の書類を送ったのですが、昨日、国民年金基金連合会から「記録に不整合がある」という案内が届きました。
どういうことでしょうか?

個人型年金の記録について

国民年金基金連合会から届いたのは「個人型年金の記録について」という文書です。

あなたの個人型年金について確認したところ、次の理由により不整合が生じましたので、個人型年金規約に基づき、掛金の引落しを一時停止させていただくこととなりました。
つきましては、別添の回答票の指示に従って、必要な届書を提出してください。
(今回の通知と行き違いで、既に必要な届書をご提出済の場合は、届書を再提出していただく必要はございません。)

理由:個人型年金へ申請した被保険者種別が相違しているため

「回答票(手続きに関するご案内)」という書類が添付されています。

回答票

「個人型年金の記録について」の理由欄に記入されている内容別の説明に従って、「(あなた様の運用関連運営管理機関)」へご連絡の上、必要な手続きを行ってください。

1.理由欄が「個人型年金へ申請した被保険者種別が相違しているため」となっているとき

現在のあなたの被保険者種別と、個人型年金に登録している被保険者種別に相違があると思われます。

①受付業務を行っている金融機関へ「加入者被保険者種別変更届」と「第2号加入者にかかる事業主の証明書」を速やかに提出してください。

②公務員、第3号被保険者(第2号被保険者の被扶養配偶者)、第2号被保険者で企業年金(厚生年金基金や確定給付企業年金等)や企業型確定拠出年金の対象となる方は、個人型年金加入者の資格がありません。
受付業務を行っている金融機関へ「加入資格喪失届」を速やかに提出してください。

③「加入者被保険者種別変更届」を提出済の場合、国民年金の被保険者記録の内容が訂正されていないものと思われます。年金事務所にて記録訂正依頼を行い、受付業務を行っている金融機関へ「加入者掛金引落再開依頼書」を速やかに提出してください。

スルガ銀行に問合せ

運用関連運営管理機関のスルガ銀行の問合せを行いました。

以前、スルガ銀行に下記の書類を送付しています。
1.加入者被保険者種別変更届
2.事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書

スルガ銀行の行員によると、私が送付した書類は確認して1月28日に国民年金基金連合会に送付しているので入れ違いではないかということです。
ただ、手続きが遅れた場合、最悪、1か月分の掛金が引き落としされない可能性があるということです。

社会の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ