さだまさしコンサート(2013年大阪)

さだまさしさんのコンサートに行ってきました。(2013年10月28日大阪フェスティバルホール)。
さだまさしさんのコンサートは初めてです。

今回のツアーは「天晴-あっぱれ-」というタイトルです。

さだまさしさんは、デビュー40周年ということで、その間、作った500曲の中から、「国民投票」の結果をもとに選び抜かれた名曲39曲を収録したCD「天晴~オールタイム・ベスト~」が発売されたのを記念してのコンサートのようです。

さだまさし「天晴」コンサート

40周年なので何故、40曲にしなかったかというと、40曲にすると曲が長すぎて入らなかったので39曲になったと、コンサートの中でさだまさしさんが説明されてました。

それにしても、40年で4000回のコンサート。
正確には大阪公演が4012回目らしいです。

年間100回、3日に1回はコンサートをやっている計算です。

さて、コンサートの中身です。

さださんとバックにギター、ベース、打楽器、ヴァイオリン、チェロ、ピアノとコーラスが3人の10人構成です。
ミニオーケストラといったところでしょうか?

音はさすがに良かったです。
さださんはギターとヴァイオリンを演奏されました。
特にフェスティバルホールは改装したので余計に良かったのだと思います。

さださんは、「精霊流し」でヴァイオリンを惹かれていて、歌もうまいので音大の出身かと思いましたが、音大の受験には失敗されて國學院大學法学部に進まれたようです。

ヴァイオリンは3歳から習い始め、小学生6年生の時に毎日学生音楽コンクール西部地区(九州地区)大会で2位、中学1年生のときヴァイオリン修行のため単身上京されています。

さださんは話が面白いです。
しかも長いです。

一人で出ずっぱりです。

コンサートの半分以上はトークでした。
このトークを楽しみにこられている人も多いのでは思いました。

コンサートのトークのみ集めたCD「さだまさしトークベスト」も販売されています。

アンコールの1曲を含め3時間のコンサートでした。

さださんも60歳。
お元気ですね。

お疲れ様でした。

趣味の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ