エレキギターのアンプの操作

最近、エレキギター習い始めました。
ヤマハの教室のアンプではひずみのある音が出るのですが、家のアンプではほとんどひずみが出ません。

付いているコントローラーは、「GAIN」、「VOLUME」、「MASTER」、「LOW」、「MID」、「HIGH」、「POWER SELECT:NORMAL/PRIVATE」です。
説明書がないので内容を調べてみました。

音を歪ませたい時に「GAIN」を使う。
ゆがみそのものを音量を調整するのが「VOLUME」。

全体の音量は「MASTER」で調整。
「LOW」、「MID」、「HIGH」は、低域、中域、高域の音の調整をする。

あと「POWER SELECT NORMAL/PRIVATE」は何のことからわかりません。
(これは、どうやら、ゆがませたい時は「PRIVATE」を選択するようです。)

「NORMAL」を選択した時の音量の調節が「MASTER」のようです。

色々、いじってみましたが、いい音が出ません。
第一、アンプを購入したのが随分、以前でしばらく使っていなかった為でしょう、接触が悪い時があります。

そこで、新たなアンプを購入しました。

ところが、付いているコントローラーが違います。
「GAIN」、「OVERDRIVE/ClEAN」、「TREBLE」、「BASS」、「VOLUME」のつまみです。
今回は説明書に説明があります。

◇「GAIN」(ゲイン・コントロール)とは?
プリアンプのゲインを調整します。
このゲインコントロールとクリーン/オーバードライブ・スイッチで、クリーンなサウンドからクランチ、そしてハードなディストーション・サウンドまで、多彩なサウンドが得られます。
ゲイン・コントロールを下げると美しいクリーン・サウンドに、ゲイン・コントロールを上げると小気味の良いクランチ・サウンドからハードなディストーション・サウンドになります。可能性は無限です!

◇「OVERDRIVE/ClEAN」(クリーン/オーバードライブ・スイッチ)とは?
プリアンプのモードを切り替えます。

◇「TREBLE」(トレブル・コントール)とは?
高音域を調節します。
ソフトで優しいサウンドから、ブライトでエッジのしっかりとしたサウンドまで、自在に調節できます。

◇「BASS」(ベース・コントロール)とは?
低音域を調節します。
ウォームでライトなサウンドから、ダークでヘビーなサウンドまで、自在に調節できます。
◇マスター・ボリューム
全体的な音量を調節します。
クリーン/オーバードライブ・スイッチを”ClEAN”にして、ゲイン・コントロールを下げたまま、このコントロールを上げると美しいクリーン・サウンドになります。
クリーン/オーバードライブ・スイッチを”OVERDRIVE”にして、ボリューム・コントロールを下げたまま、ゲイン・コントロールを上げると、小音量でありながらも太くて歪んだサウンドが出せます。夜の練習には最適です!

ヤマハレッスンの講師にアンプの操作について教えて頂きました。
音量は、コントローラーのつまみの位置でどの調節(「ClEAN」か「OVERDRIVE」)かを判断するようです。

歪ませたい時は、
「OVERDRIVE」を選択。
「GAIN」は10、
「TREBLE」等の音節の調節はとりあえず、5、
そして、エレキギター本体のボリュームは10。

これで、期待したいた野太い歪んだ音が出るようになりました。

ギター・アンプVOXの口コミ

趣味の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ