エレキギターの修理

ヤマハのエレキギターレッスンの見学と無料体験を経験しました。
スタッフにメンテナンスに詳しい人がいるというので無料体験の時に25年以上前に購入したエレキを見てもらいました。


ます、「弦の巻き方が逆」とのこと。

そして、ブリッジが浮いている。

アンプに接続して電気系統をチェック後、
・ピックアップセレクター
・ボリュームのつまみ
・トーンコントロール
・アンプと接続するコードのジャックを入力する穴
の接続不良が見つかりました。

ボリューム等のつまみはゼロにしてしまうのが基本とのこと。
結局、ほこりや錆で接触不良になっているようです。

ネックはそっていなかったようで幸いでした。

エレキギターの場合、「しまう時は弦はゆるめない方が良い」というのがスタッフの考えのようです。

ついでに聞きましたが、
アコギ(フォークギター)の場合は、ある程度緩めた方が良い
ウクレレの場合は気にする必要はないが、少し緩めるぐらいがよい
らしい。

修理は概算で1万5千円ぐらいとのこと。
修理に出して見積もりが出たら連絡をしてくれるといいます。

25年程前にセールで購入したエレキですが、今ではないタイプだそうです。
当時4万5千円したらしい。
発売は27,8年前ではないですか、言われたのですが、考えてみたら確かにその通りです。

よく、そんなことが分かるものですね。
感心しました。

カバーも一緒に購入(セット)したはずですが、これも今はないタイプらしい。

最後に弦のことを聞かれたのですが、
普通で細い弦と太い弦があるとのこと。

細い弦がおススメらしいのでそちらをお願いしました。

尚、アンプやコードも接触不良を起こしている可能性はあるそうです。
但し、修理するよりは買い替えた方が安いそうです。

エレキの修理ができたらチェックしてみようと思います。
修理には1ヶ月程かかるみたいです。

趣味の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ