スケート教室(浪速スポーツセンター)1

大阪府の浪速スポーツセンターアイススケート場でのアイススケート教室に行ってきました。

浪速スポーツセンターアイススケート場

大阪市浪速区難波中3-8-8
☆地下鉄「なんば」5番出口より徒歩・・・・・7分

大阪府立体育館(現BODYMAKERコロシアム)の裏手にあります。

浪速スポーツセンターアイススケート場のスケート教室

浪速スポーツセンターアイススケート場のスケート教室は、「土曜日スケート教室」と日曜スケート教室があります。

内容は曜日が違う以外は同じです。

実施日:毎週土曜日(又は日曜日) 月/4回
時  間:午前8時45分~午前9時45分
(教室後午前11時までフリー滑走できます。)
対象者:小学生~大人
定  員:150名
受講料:小学生・・・・4,900円
中高生・・・・5,400円
大  人・・・・6,900円

スタッフが受講生の技量を見て、グループに分け、指導するということです。

受講料には貸靴料金を含みます。
また、練習後10時から11時まで自由に滑れます。
(9時45分~10時まではリンク整備の為、使えません。)

通常のスケート料金は、大人1,400円、スケート貸靴400円の計1,800円ですので、それを考えると1時間のレッスン+1時間の自由時間が付いて大人の受講料は6,900円なので、おトクと言えます。

尚、申込は前月中に直接受付をする必要があります。
スケート場の入り口(地下)が受付になります。

貸靴の選び方

浪速スポーツセンターアイススケート場では、貸靴は自分で棚から選び、使用後サイズの棚に直します。

係りに靴のサイズについて尋ねたら対応が不親切でした。

靴のサイズは足のサイズで選ぶとのこと。
かなり意味不明です。

私は普段26.5の靴を履いているのですが、それではなく「足のサイズ」だというのです。

結局、足のサイズを測る板があり、測ってみたら26でした。
26歳サイズの靴を選んだのですが、先日、なみはやドームでスケートをしたと時は26.5でピッタリでした。

小さくないか不安でしたが、実際に履いてみると、窮屈な感じはしませんでした。
(ちなみにレッスン終了後、足が痛いので26.5の靴に履き返したらやや大きめでした。)

靴の紐は一旦、緩め、足を入れたら今度はしっかりと締めます。
十分できていなかったようで、レッスンのスタッフに指摘され、再度、締め直しました。

スケート教室の内容

50人以上いました。

私は受付で白(初級)のネームをぶら下げていたのですが、さらにグループ分けされ、一番、初心者のグループに分けられました。

といっても、私と小学生の女の子の2人のみ。

本日は歩く練習と、「ひょうたん」というのをやりました。
バランスを取る為に両手を前に出して滑るのですが、やっている最中にその格好がゾンビに思えてきました。

私の場合、左足がどうしても外に開いてしまい、「ひょうたん」がうまくいきません。
スタッフは親切に教えてくれ、たまにうまくいく時もあるのですが、しばらくすると疲れてくるのかうまく滑れません。

1時間はあっという間に終わりました。

10時から1時間、自由に滑れるのですが、私レベルの人は一人もいません。しかも足の裏がかなり痛くなってきたので15分程で練習を切り上げました。

健康 // 趣味の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ