ポール・マッカートニー若さの秘密

ポール・マッカートニーの日本ツアーが本日(11月11日)からスタートします。
テレビ等で拝見するとお若いですね。とても71歳には見えません。
その若さの秘密は何でしょうか?

ポールは「アウト・ゼアー」(Out There)というタイトルで世界ツアーを展開中。
日本では、大阪(11月11日、12日)、福岡(11月15日)、東京(11月18日、19日、21日)の3都市で開催されます。

3都市で25万の動員だそうで、その人気ぶりがうかがえます。

来日は、2002年の11年ぶりです。

ポールは1942年生まれで71歳。
ビートルズの初来日(1966年)から47年、5回目のツアーです。

一世を風靡し、様々な音楽家(ミュージシャン)にも多大な影響を与えたビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニーがまだ現役で頑張って世界ツアーを行っているのは驚きです。

71歳で東京ドームを一杯にできるミュージシャンは他にいません。

今回のツアーで目立つのはビートルズの曲が多さ。
これまでのツアーではアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録された曲「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」という曲も演奏しているとのこと。

また、ニューアルバム「NEW」が大ヒット中。
オリコン週間ランキングでは初登場で2位を獲得。

71歳4ヶ月でのアルバムTOP10入りは、3月に発売されたデヴィッド・ボウイの「ザ・ネクスト・デイ」の66歳3ヶ月を5歳1ヶ月更新し、邦楽・洋楽を通じて歴代最年長を樹立。

70代でのアルバムTOP10入りは史上初とのこと。
すごいですね。

日本公演は、アルバム発売後、初のツアーということもあり、新曲の初披露にも期待がかかります。

「新しい曲、新しい試み、新しい姿勢、新しい演奏方法、すべてが新しいんだよ」ポールは語る。

「絶えず新しいことに挑戦続けることが若さの秘密」と言えるのではないでしょうか?

私は明日(11月12日)にコンサートに行く予定ですが、とても楽しみです。
ポール・マッカートニー日本公演(2013)スケジュール
大阪:11月11日、 11月12日
福岡 11月15日
東京 11月18日、11月19日、11月21日
まだ間にあうポール・マッカートニー日本公演チケット

趣味の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ