地震でガスが止まった時の復旧(復帰)手順

先日の大阪北部地震ではガスが止まった。
ニュースによると大阪ガスは高槻市や茨木市内の一部地域のガス供給を停止した、とあった。
我が家は大阪ガスのガス供給を停止した地域ではない。
何故、ガスが止まったのか?
復旧するにはどうすれば良いのか?
また、翌日には近くのマンションに住む母親から、お風呂のガスが使えないという連絡があった。
ガスが止まる理由、復旧の方法についてです。

地震でガスが止まるのは何故?

何故、我が家(戸建て)や近くのマンションのガスが止まったのか?

それは。マイコンメーターが大きな揺れなどを感知して、安全の為ガスを遮断した為だ。

それは、ガスによる二次被害(火事やガス爆発)を防ぐ為だ。

阪神大震災の時は、ガスが止まることはなかったし、今までもそういった経験はない。

どうすれば復旧できるのか、戸惑った。

いずれにしても、地震が来たらガスの元栓(部屋)を締めることが先決だ。

そして、ガス漏れがなければ、復旧作業にはいる。

但し、大阪ガスがガス供給を停止した地域においては、自分で復旧作業をしてもガスの供給は開始されない。

大阪ガスのガス供給停止が解除されるまで待つしかない。

止まったガスの復旧作業

これに関しては、翌日の新聞に大阪ガスより「ガスメーターの復帰操作のお知らせ」が掲載された。

ガスメーターの復帰操作

ここに、どういう時にガスが止まるのかが記載されていた。

ガスメーター(マイコンメーター)は、ガス漏れや震度5相当以上の地震を感知した場合等において、自動的にガスを止め、ガスメーターの表示ランプが赤く点滅します。

続いて、以下の文章が続く。

ガス供給停止地域以外のお客様は、左記の手順に従ってご自身で操作頂ければ、ガスの供給を再開できます。

当日は、復旧の方法が分からなかったので大阪ガスのHPで情報を探した。
最も、同じような方が沢山いたみたいで、サイトにアクセスが集中したのか、サイトに中々つながらなかった。
▶大阪ガスのHP⇒「ガスが使えない場合は」

復帰の手順は以下になる。

ガスメーターの復帰操作

①全てのガス機器を止める。
※全てのガス機器の器具栓、ガス栓を締める。
※ガスメーターの元栓(メーターガス栓)は止めない。

②復帰ボタのキャップを左に回して外す。
※キャップが無いタイプもあります。

③復帰ボタンを奥までしっかり押して、すぐ手を離す。
※ボタンは元に戻り、赤ランプは再び点滅。
(キャップを元に戻す)

④ガスを使わず、約3分待つ。
(ガスメーターがガス漏れがないかどうか確認しています。)
3分経過後に再度ガスメーターの表示ランプを確認し、点滅が来ていればガスが使えます。

ガスメーターが分からない?

まず、ガスメーターがどこにあるのか把握していなかった。
家の裏にある大きなボックス(パロマ)の中かと思い、2つのネジを外した。
このネジが非常に硬い。
ボックスは2つあったが、これは単なるガス給湯器であったようだ。

家の横の壁にガスメーターらしきものを発見。
この手の形状は水道や電気のメーターにも似ているので、分かりにくい。

見ると、赤いランプが点滅している。
どうやら、これがガスメーターのようだ。

ところが、キャップらしきものがない。
我が家はキャップが無いタイプのよう。

後は、上記の「復帰の手順」通り進めた所、ガスがついた。
やれやれ。

マンションのガス復旧方法は?

翌日、近くのマンションに住む母親から、「風呂のお湯が出ない」という連絡が来た時、すぐに理由が分かった。

母親も地震でガスが止まるのは初めての経験だ。

母親の住むマンションはドアの横に扉があり、ガス・水道の元栓がある。
これは、マンションを借りた時に把握していた。

後は、自宅で経験済みの「復帰の手順」を行うだけ。

ガスが使えるようになった。

母親としては余震が続いているので、6月19日は風呂に入らなかったが、翌日は余震も少なくなってきたので、入る気になったよう。

しかし、ガスが止まっているということに気付かず、貯めたら水だったということを繰り返し、夜になってから私に連絡が入った。

それですぐ行ったわけだが、自宅のガスが復旧して一件落着と、マンションのことまでに気が回らなかったのはお粗末な話だった。

母親としては、マンションは自動でガスが復帰すると思っていたようだ。
ようやくお湯に入れ、ホッとしたと母親は言っていた。

ガス復旧の方法の情報は?

いずれにしても、ガスがどういう時に止まり、どうすればよいのかは一度経験すれば分かる。

しかし、今までこういった経験がなかったので、情報を探すことから始めなくてはならなかった。

その後、TVでもガスメーターの復帰操作の手順を放送した局もあったようだが、始終やってみるわけではない。

新聞を取っていない、ネットにつながる方法が無い人は復帰操作を知らないまま、「ガスが止まったが、その内、大阪ガスが復旧してくれるだろう。」と、待っている可能性もあるのでは、と思った。
(当初、うちがそうであった。)

それはそれとして、「マイコンメーターがガス漏れや震度5相当以上の地震を感知した場合等において、自動的にガスを止め」るとは、きっちりと安全対策がなされていることに驚いた。

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ