自動清浄機能付きエアコンを購入

長年使用していたエアコンが最近調子はよくない。
夏のシーズンも終わりに近いので価格も安くなっているのではないかという思いもあり、買い替えすることにした。


省エネタイプでもないので電気代も食う。
来年、消費税が上がる前に高額商品は購入しておくに限る。

ということで、昨日、ジョーシンに行って来た。
ジョーシンからはたまに封筒やハガキでセールの案内がくる。
また、折り込みチラシも最近入っていた。

問題は、お掃除機能が付いているものを選ぶか、そうでないもを選ぶかということ。

機能付きだと、1~2万円高くなる。
本当にお掃除機能付きはそれだけの価値があるのか?

たまたま、エアコンコーナーにメーカーの人がいたので詳しく話を聞けた。
日立の会社?の人らしいが、エアコン全般の説明をしている。

まず、お掃除機能付きの違いは電気代にあるらしい。
ほこりがたまるとそれが負担になり、より電気代がかかるようになる。

メーカーに言わせると、その差は3割らしいが、話を聞いた人は、実際は2割でしょうという。

店頭の商品説明には年間の消費電力が記載してあるが、あれは、もっとも効率がよい場合の話らしい。

ほこりが貯まり効率が悪くなると、表示の料金の2割増しと考えた方がよさそうだ。

そもそも、洗浄用スプレーは良くないらしい。
やるとしても水の霧吹きがおすすめだという。

そして、ジョーシンのハガキに記載してあった、シークレット特価のエアコンは、これ以上ないお得な価格らしい。

決まりである。

フィルター自動清浄機能付きのエアコンにする。(69,800円)
※店頭価格は、8万円以上した。

ジョーシンの社員が会計をしてくれたのだが、69,800円の内、標準据付工事が10,000円、本体価格は59,800円だそうな。

私は、元々使用しているエアコンを付け替えるので、
取り外しに2,000円
リサイクルに,1575円
運搬料に500円
の合計、4,075円がかかる。

さらに、5年の長期保証が本体価格の3%で受けられるという説明を受けたので、1,794円で入会することにする。

しめて、75,669円なり。

シーズン終わりなので工事は込んでいないだろうと予想したが、3日後以降ならいつでも良いとのこと。
日程の打ち合わせをした。

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ