DMを受け取り拒否する方法

全く知らない会社、あるいは発送を断った会社からの郵便物・クロネコメール便等DMの受け取りを拒否することはできるのでしょうか?
調べてみました。

資料請求やサンプル請求、商品購入等を一度すると、大概の会社からその後、DMが届きます。

しかし、そういう場合、電話一本で配送を止めることが出来ます。

しかし、中には住所はあるものの電話番号が書いていない、あるいは全く知らない会社というケースもあります。

どこかの会社に資料請求やサンプル請求した時の情報が売買されている可能性があります。

全く心当たりのない会社からのDMはへたに連絡すると面倒なことに巻き込まれる可能性が大です。

今回、私のところに2通のDMが届きました。

迷惑DM

1.ヒルズコンサルティング株式会社
〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目4番14号 ダイヤモンドビル赤坂5階
mail:support@hillsconsulting.jp
FAX:(03)6740 2231
※電話番号は記載してありません。

クロネコメール便です。
こちらの会社からはしばしDMが届きます。
必要ないので以前に配送停止のFAXを送信しました。

しばらく、DMは来ていませんでしたが、最近、また、DMが届くようになりました。

2.リベルテ
※会社名か不明です。
〒110-0005
東京都台東区東区上野5-7-8
フリーダイヤル:0120-311-723

ネットで調べると「競馬 詐欺」と出ました。

料金別納郵便です。

封筒ではなく、2ツ折りで「OPEN」のところに軽い粘着が付いているタイプです。
内容が分からないので開封しました。

『選択できる「副業」、それが「15段階選択型副業競馬』とあります。
どうやら、競馬の設け話のようです。

開封してからよくよく見ると、開封するところに
『ここから開封●今、副業は「収入で選ぶ!」「活動時間で選ぶ」時代へ!
詳細と現金2万円が貰えるスクラッチは中面へ!●ここから開封』
とありました。

表面にも「現金キャッシュバックキャンペーン」とありました。
うさんくさいです。

「中面のスクラッチを削って電話するだけで現金がもらえる」
ありえないです。

郵便物の受け取り拒否

ネットで調べると郵便局の郵便物は受け取り拒否ができるそうです。
ただし、受け取り拒否ができるのは開封前(通常はがきなどを除く)に限られ、受取人本人(名宛人)しか出来ないようです。

日本郵便株式会社の場合は紙に「受取拒絶」もしくは「受取拒否」と書き、押印または署名をして郵便物に貼り付け郵便局に持って行くかポストに投函することで郵便物は差出人に還付(返送)される。

私の場合、開封していますので「受け取り拒否」の手続きができません。
次回、また、DMが届いたら手続きをしたいと思います。

クロネコメール便の受け取り拒否

クロネコメール便の伝票に「メール便に関するお問合せ先」として「0120-11-8010」(携帯電話・PHSからもご利用できます)と記載してあったので電話をしました。

まずは送り主に連絡して発送停止を伝えること。
しかし、それは既にやっています。

また、連絡したくない場合もあると思います。

オペレーターによると「受け取り拒否」は出来ないそうです。
ただし、送り主に「送り先が受け取り拒否した」と返送はできます。
最寄の営業所から引き取りに来てくれます。

今後、また、同じ会社からDMが届いたらどうするか。
クロネコヤマトに連絡して返送を依頼するしかありません。

しかし、まともな会社であれば一回返送があれば、その後、発送はしないと思いますが。

今後、また、送られてくるようなことがあれば、追加情報をアップする予定です。

問題解決 // 生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ