ETCのポイント交換

ETCを使って高速道路を利用すると、ポイントが貯まる。
貯まったポイントは、高速道路の支払いに当てることができる。


しかし、問題は、有効期限があるということ。
それと、全国の高速道路を合算できるわけではない、道路公団別にポイントが合算されることだ。

ポイントの還元率は下記のとおり。

ポイント交換単位 還元率
100ポイント   :200円分
200ポイント   : 500円分
600ポイント   : 2,500円分
1,000ポイント  : 8,000円分

●有効期限
ポイントの有効期間(還元額(無料通行分)に交換できる期間)は、ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末までです。

●ポイント付与
東/中/西日本高速道路株式会社の高速国道の1回のご利用ごとに50円につき1ポイント、一般有料道路は1回のご利用ごとに100円につき1ポイント。
ポイントの発行は、ご走行月の翌月20日となります。

私は実家に月1回帰るので高速道路を利用する。

実家に月1回で2,000円÷50円=40ポイント×12=480ポイント
年間で600ポイントがいいところだ。

あと520ポイント稼ぐには520×50円=26,000円÷2=13,000円(片道)

9月19日現在のご利用可能なポイント: 626ポイント
2014年03月末日まで有効なポイント 311ポイント

3月末まで10月~3月の6ヶ月。
40ポイント×6=240ポイント・・・①

626ポイント+240ポイント=866ポイント

1000ポイントー866ポイント=134ポイント
134×50円=6700円÷2=3,350円

但し、注意はポイント発行は「ご走行月の翌月20日」というところ。

3月分は3月にカウントされない。
2月までの走行分がカウントされる。

すると、上の①は、40ポイント×5=200ポイント・・・②

そして、現在のポイント残高には今月分(9月分)が計上されていない。

結局、②+40ポイントなので①と同じ。

いずれにしても、来年の3月にポイント交換を行おうと思う。
(ポイント付与は「走行月の翌月20日」なので、ポイント交換は3月20日~31日になる。)

お金 // 生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ