「職業大学」創設で何を目指すのか?

調理師やプログラマーなどの専門技術を持つ人材の育成を強化しようと、中央教育審議会は5月30日(2016年)、職業教育に特化した新しい種類の大学とつくるよう、馳文部科学相に答申した。
「職業大学」創設で何を目指すのか?

「職業大学」の内容

答申は、変化に対応して現場レベルの革新を引っ張る人材の育成が課題となると指摘。

幅広い教養を学ぶ大学や、技能に特化している専門学校とは別の高等教育機関が必要とした。

新大学の名称は「専門職業大学」なとど例示。
教員のうち4割以上を、当該分野の実務経験が5年以上ある「実務家教員」にする。

卒業単位の3~4割以上を実習科目にし、企業での実習(4年制なら600時間以上)も義務付ける。

教養科目については、例えば古典よりも語学を重視するなど、職業につながりやすい内容を想定。
2~3年制なら「短期大学士」、4年制なら「学士」の学位を卒業時に与える。

社会人が学びやすいよう、短時間の授業を積み重ねて卒業できるような工夫も求めた。

「職業大学」設立条件

鉄道沿線など、通いやすいところに開学してもらおうと、面積や運動場などの条件は大学より緩めることを検討するよう提案。

大学の学部を新大学に転換することもできるようにする。

文科省は、専門学校や大学や短大の一部が新大学を開設すると想定。
来年(2017年)の通常国会で学校教育法の改正案を提出し、成立後に設置基準を改定したい考え。
(朝日新聞2016年5月30日記事参照)

文科省の狙い

少子化の波で、定員割れを起こしている大学もある。
大学の新設は条件が厳しくなっている。

そんな中で「職業大学」を創設する意図は何だろうか?

「職業大学」は実践力のある学生を育てるのが目的のようだ。
では、専門学校ではいけないのか?
専門学校は専門技能を身につけることはできるが、教養は身に付かない。

反面、大学は教養は身に付くが、専門技能は身に付かない。
しかし、専門分野に特化した大学もあるのは事実。

あえて、「職業大学」を創立する意味があるのだろうか?
「職業大学」で専門技術と教養を学べるとなれば、その分野の専門学校に行く人は減る気がする。
但し、これは新卒の高校生の場合。

答申では「社会人が学びやすいよう、短時間の授業を積み重ねて卒業できるような工夫も求めた。」そうだ。

社会人が学ぶなら4年制など論外な気がする。
まして、専門学校で十分ではないだろうか?
例えば、大学を出た社会人がまた、「教養」を学ぶ必要があるのだろうか?
何か矛盾している。

私には文科省が「職業大学」で何を目指しているのかがさっぱり分からない。

学校の関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ