ファイナンシャルプランナー(FP)を名乗るには?

ファイナンシャルプランナー(FP)を名乗るにはどのような資格が必要なのだろうか?
そもそも、ファイナンシャルプランナー(FP)とファイナンシャル・プランニング技能士・AFP・CFPとの違いは?
調べてみた。

ファイナンシャルプランナー(FP)を名乗るには?

まず、ファイナンシャルプランナー(FP)は職業名(職種名)なので、誰でも名乗れる、という意見が多い。

一方、ファイナンシャル・プランニング技能士は名称独占資格(国家資格)なのでファイナンシャルプランニング技能士1級~3級試験に合格しないと名乗れない。

AFP・CFPは民間資格だが、FP協会が商標権を持っているので、資格を取得しないと名乗れない。

ファイナンシャルプランナー(FP)とファイナンシャル・プランニング技能士・AFP・CFPとの違いは?

これについては、上記の通り。

①ファイナンシャルプランナー(FP):職業名(職種名)
②ファイナンシャル・プランニング技能士・AFP・CFP:資格名

①「ファイナンシャルプランナー(FP)」は、顧客の相談に応じ、資産についてのデータを収集・分析して人生設計や事業設計にあわせた財産形成の立案(ファイナンシャル・プランニング)やアドバイスを行う専門家のこと。
①には②が含まれる。
但し、資格がなくても名乗れるということらしい。

AFP・CFPの資格がある人は、名刺に入れることが多い。
ただ、業界の人間でなければ、この名称は分かりにくい。
「ファイナンシャルプランナー(FP)」とした方が一般的には分かり易い。
名乗るのは簡単だが、実力がなければ何の意味もない。

AFP・CFP資格取得は必要か?

ファイナンシャルプランニング技能士は1級から3級まである国家資格である。

一方のAFP・CFP資格は民間資格にも関わらず、研修を受けないと資格を取得できない。

AFPはファイナンシャルプランニング技能士2級に、AFPはファイナンシャルプランニング技能士1級に相当し、AFP・CFP資格を取得することで、各々のファイナンシャルプランニング技能士の資格も得ることができるようだ。

ただし、AFP・CFP資格に関しては、入会金及び年会費が必要。
金融業界に勤めている、あるいは、FPを仕事にしている以外の人は、AFP・CFP資格を取得する必要はないだろう。

法律系の関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ