歯科助手の資格とは?

歯科助手とは、受付や会計のお仕事に加え、診療の現場もアシストするのが仕事です。
歯科助手は民間資格であり、実は未経験でもムリなく身につけられる手軽さが人気です。
歯科助手の資格とは?

歯科助手の仕事

歯科助手は働き方も柔軟! フルタイムで、午前中だけ、週に2~3回など、ご自身の都合に合わせて勤務形態が選びやすいのが魅力です。

また、あなたのお住まいの近くにも歯科医院があるのでは? 徒歩圏内や駅のそばなど、近所で職場が見つけやすいのも嬉しい特徴。

家事や育児ともムリなく両立でき、長く安定的に仕事を続けられます。

歯科助手の将来性

全国の歯科医院数は、年々増加傾向! そこで働く歯科助手も活躍の場が広がっており、常に安定した求人が見込めます。

また、好不況に関わらず、子どもからお年寄りまで歯科医院は多くの人が利用するもの。歯科助手は景気にも左右されにくい、安定した職業と言えます。

歯科助手の資格取得方法

歯科衛生士が国家資格なのに対し、歯科助手は民間の資格です。

歯科助手の資格取得には3つの方法があります。
1.専門学校に通い、歯科助手の資格を取る
2.通信教材で自宅学習して、歯科助手の資格を取る
3.資格を持たないまま歯科助手として就職

歯科助手の資格は実は1つではありません。
歯科助手関連の資格は現在たくさんあり、それぞれ実施している団体が異なります。

歯科助手試験の難易度

≪歯科 医療事務管理士≫
合格率は平均70パーセントから80パーセント程度と、比較的高めになっているようです。
受験者数は毎回400人から600人程度ですが、年々増加する傾向にあります。

≪歯科助手検定≫
「歯科助手検定」(歯科アシスタント検定)は1級、2級、3級に分かれています。
こちらは受験者数、合格率については公表されていませんが、1級、2級になるとかなり難しいようです。
こちらも試験対策の問題集が出ていますが、1級・2級は実務経験のある人の方が有利です。
3級から順番に取得するしかなく、飛び級はできません。

≪歯科医療事務検定≫
「歯科医療事務検定」も1級から3級までに分かれています。
こちらも合格率は非公開となっています。

≪歯科助手認定制度≫
歯科助手認定制度」も3つのレベルがあって 下から順に乙種第二、乙種第一、甲種、と上がっていきます。

資格の関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ