FP資格と試験問題(FP協会ときんざいの違い)

FP資格には1級、2級、3級及びAFP、CFPがあります。
試験の実施団体は「日本FP協会(ファイナンシャル・プランナーズ)」と「一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」の2つあります。
資格や試験問題は何が違うのでしょうか?

FP資格は民間資格?国家資格?

FP資格は元々は民間資格であったこともあり、認定する団体が2つありました。それが「日本FP協会」と「一般社団法人 金融財政事情研究会」です。

「日本FP協会」はFP技能士1級、2級、3級試験の実施及びAFP、CFPRの認定を行っており、「一般社団法人 金融財政事情研究会」はFP技能士1級、2級、3級試験の実施を行っています。

FP技能士1級、2級、3級は国家資格ですが、AFP、CFPは民間資格です。

日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の違い

FP技能士の資格試験は学科と実技の2種類ですが、「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」とでは実技試験の内容が異なります。
※学科は共通です。

従って、どの科目を選択するかで問題集も異なってきます。

AFP、CFPRは「日本FP協会」の認定資格のため、「日本FP協会」のみが試験を実施しています。

難易度は、AFPが2級FP技能士と、CFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準です。

尚、FP技能士とは違い、AFP、CFPには資格の有効期限があります。
資格を更新するためには、資格の認定後に定められる継続教育期間中(おおよそ2年間)に、AFPは15単位以上、CFPは30単位以上を取得する必要があります。

FP資格の実技試験の種類

FP技能士資格の実技試験は3級では3種類、2級は5種類に分かれています。
種類と試験実施機関は下記の通りです。

◇FP3級
・個人資産相談業務(きんざい)
・保険顧客資産相談業務(きんざい)
・資産設計提案業務(FP協会)

◇FP2級
・個人資産相談業務(きんざい)
・生保顧客資産相談業務(きんざい)
・損保顧客資産相談業務(きんざい)
・中小事業主資産相談業務(きんざい)
・資産設計提案業務(FP協会)

受験者の7~8割が「きんざい」の実技試験を受けています。
これはFP協会の歴史が浅く、問題集も充実していないということが影響していることが考えられます。

FP資格の試験問題

FP資格の過去の試験問題はネットで無料で公開されています。
ただ、解答は正解のみで解説は一切ありません。
詳しい解説が掲載されている市販の問題集が必要です。

◇FP協会
(例)3級の学科試験問題と実技試験問題
http://www.jafp.or.jp/examine/3fp/mohan/index.shtml

◇きんざい 試験問題
(例)試験問題:2014年9月試験
http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/detail/247

資格の関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ