「楽らく療法(らくちゃん)」とは?

肩から腕にかけての痛みが1ヶ月以上近くとれないので、整形外科、2ヶ月目には整体治療(ミオンパシー)をおこなったが、劇的な変化はなかった。


そればかり、散髪に行って、仰向きで髪を洗い出したら、痛みが倍返し状態。
さらに仰向けで顔を剃るときも痛みが走る。

普段とらない姿勢なので気がつかなかったが、どうやら、首を後ろに傾けると肩が痛くなるようである。

どうすればいいのか?

そんな時、広告のチラシに目が留まった。

「えっ!うそっ!僅か10分!痛みが・・・消えた!」
まじですか?

チラシには、フリーライターが
「以前訪れた驚異の整体院に新メニューが加わったとの情報を得た。
なんでもその治療法は痛みがこの世から消し去れるというもの。・・・」とある。

その治療法とは「楽らく療法(らくちゃん)」という。

棒をつかってツボを刺激して経絡の詰まりを除くというもの。

ホームページ(アメブロ)もチェックしたが今一、内容がわからない。

そこで、整体院に電話。

こちらの症状を伝えたところ、症状に合わせて治療法を行うので一度、お越しいただいて、相談を受けてください、というのでさっそく予約をする。

ホームページでは場所が今一わかり難いのだが、スマホの地図検索で割とすんなりと到着。

もっとも、電話で問い合わせをした時にスタッフが言ったお店の名前が役に立った。(私は自力で行けると思ったので、電話では行きかたを尋ねなかった。)

お決まりのカルテに諸事項を記入。
名前を呼ばれて行くと、チラシに写真が掲載してあった院長その人がそこにいた。

私が先週、治療に行った整体院は、同じコースでも院長とスタッフとでは料金に違いがあった。

今回のLaku(楽らく療法)は院長のみの特別治療のようである。

最初に今までした病気や怪我のことを尋ねられた。
私は普段、病院に行かないし、病気や怪我の記憶はない。

が、院長と話をしているとボツボツと症状や怪我を思い出してくる。
不思議なものである。(続く)

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ