eo光1ギガコース返金

eo光の1ギガコースに開設当初から契約していますが、1年以上たってから、宅内環境では100メガしか出ていないと言う連絡がしました。
eo光の対応に納得がいかないので消費生活センターに相談に行きました。
結果、返金してもらことになりました。

今までの経緯は「eo光の1ギガ対応は最悪」、他。

消費生活センターに相談

昨年12月に消費生活センターに相談の電話を入れました。
内容を伝えたところ、契約書等の資料を持って、消費生活センターに来て欲しいとのことでした。

しかし、12月、1月は時間がとれず、2月6日にセンターに行ってきました。
担当の方はeo光のホームページで色々と調べてくれていました。

問題の焦点は、eo光の主張が契約(規約)通りかそうでないかです。

eo光の主張では、宅内はユーザーの範囲である。
家までは1ギガの通信速度を出力している。
従って、宅内の配線(ケーブル)が100メガ対応であったことには責任はない。

そして、HPにもそう書いてある。
従って、契約上、問題はないと。

ネット契約の盲点

私はネットで契約したのですが、その場合、規約等はネットのPDFをチェックすることになります。
(書面はもらっていません。)

しかし、これが盲点です。

ネット上の文書はいくらでも修正できるので、私が契約した時に記載されたものとは限りません。

現に、「宅内」の範囲が私の契約時と現在とは違っていました。

契約時にもらった資料を保存していたのが幸いしました。
宅内工事をeo光に依頼したのですが、そのチラシには無線ルーターまでがeo光の範囲とありました。

回線終端装置とルーターを接続するLANケーブルが1ギガ対応でなかったことが今回の原因だったのですが、このLANケーブルはeo光が用意することになっていました。(チラシに表示されています)

eo光の主張が崩れました。

eo光1ギガコース返金

1ギガコースは通常の料金に300円プラスなので、1ギガの通信速度が出ていなかった14ヶ月間分300円×14=4,200円を返金になります。
(実際に計測したら有線で600メガでした。コレは仕方がありません。)

2月13日にeo光(ケイ・オプティコム)から担当者に電話があったそうです。(窓口に相談に行ったのが2月6日なので1週間です。)

返金方法についても消費生活センターの担当者が中に入って進めてくれます。
最後まできっちりと対応してくれるようです。

次回の請求金額から4,200円を減額する方法でお願いしました。
私の方にもeo光(ケイ・オプティコム)から書面でこの内容を届けるように依頼してくれたとのことです。

ちなみになぜ開設から1年以上も経って、問題が発覚したかと言うことですが、昨年(2013年)4月に1ギガコースのキャンペーンを行ったところ、契約者が急増。

そこで、遠隔操作で通信速度を確認するようになったとのことですが、本来は開通時に行う処置のはず。

1ギガコースに変更したにも関わらず、速度が遅いという苦情が多数、来た為の対応でしょう。
(eo光のオペレーターは「苦情はきていない」と言いますが。)

しかも、昨年(2013年)5月の時点で私の環境を確認したところ、1ギガになっていたそうですが、10月に再度、確認すると100メガしか出ていないことが判明。

それで、案内ハガキを送ったとのこと。
(事前にメールで連絡しているとのことですが、記憶にありません。)

eo光(ケイ・オプティコム)の対応、企業姿勢には納得できない部分が多々あります。

eo光(ケイ・オプティコム)と話しても全く話にならなかったのですが、消費生活センターに相談して、こちらの主張が受け入れられ、返金になり、良かったです。

「eo光の通信速度1ギガ」関連記事」(上から日付の古い順)

問題解決の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ