大阪舞洲ゆり園&ランチパックバイキングの口コミ

大阪舞洲にあるゆり園に7月2日に行ってきました。
毎年、この時期に開園しており、前から気になってました。
開園は7月3日(日)までなのでギリギリです。
昼食はランチバイキングを利用しました。
さて、大阪舞洲ゆり園&ランチパックバイキングの口コミ&感想は?

2016年大阪舞洲ゆり園とは?

大阪港に咲く250万輪のゆり。

◇開園期間:2016年5/28(土)~7/3(日)
◇開園時間:平日9:00~17:00/土日9:00~19:00
◇入園料:大人1,200円/こども(4歳~小学生)400円/学割(中~大学生)平日800円 土日1,000円
◇特別割引券:大人 平日800円/土日1,000円
割引券は朝日新聞でもらったのですが、よく利用する花屋さんにも置いてありました。
◇所在地:大阪市此花区北港緑地2丁目
◇アクセス
[電車]JR桜島駅か西九条駅、地下鉄コスモススクエア駅、各下車のち舞洲方面バス
[車]阪神高速5号線「湾岸舞洲出口」より約5分
※駐車料金は700円(普通車)でした。

◇パック券
・ランチパック券:ランチバイキング+入園券
・温泉パック券:日帰り温泉+入園券
・陶芸パック券:陶芸体験+入園券

ゆり園の口コミ

7月2日(土)は晴天でしかも暑かったです。
その日は35度を超えた地域も多かったようです。

ゆり園

250万輪というだけあって、みごとなゆりの景観です。

私は「ゆり」というと「白」しか浮かばないですが、色んな色があります。

ゆり園

ただ、残念だったのが、半分以上が枯れていたこと。
花が枯れだすと係の人がハサミで首をチョンパしていきます。

ゆり園

来年は満開の時に来たいですね。

ゆり園の敷地内は、空からゆり園を見下ろす事ができるヘリコプターの遊覧用のヘリポートがありました。
大人4500円、こども3500円です。
ゆり園を見学している間にひっきりなしにヘリコプターが発着していたので、利用者は多かったみたいです。

割引券にも記載があったのですが、ランチバイキング+入園券が通常3,000円のところ2,500円とか。

園内には売店もあるようですが、大したものもないのでランチパック券を購入しました。
しかし、それがとんでもないことに。

ランチパックバイキング

ランチパック券は入園券とセットになっているので、当然、園内に食べる施設があると思ってました。

しかし、ランチ会場はホテル ユニバーサルポートと言って、ユニバーサルシティ駅(ユニバーサルスタジオ)のすぐ近くでした。

即ち、ゆり園から車で12分のところでした。
これはうっかりしてました。

車で行った方が楽です。
ただ、ホテルに駐車場があるのですが、満車の際には他の有料駐車場を利用する事になるそうです。
満車かどうかは行ってみないと分からないし、有料駐車場を利用するとなると余計な出費がかかります。

聞くと、ホテルまで無料のシャトルバスが15分間隔で運行しているとのころ。
ところが、シャトルバスの正確な場所を聞かなかったので、普通の有料の市バスの停留場をうろろしてしまいました。

結局、シャトルバスの停留所はゆり園の入口にある売店のテントのすぐ裏でした。

ホテルに着いたのが12時前だったのですが、会場は広く、すぐ席に案内されました。

料理の種類は特別多いというわけではありませんが、そこそこありました。

ランチバイキング

昔は、よく旅行に出かけたので、ホテルでバイキングを利用する機会が結構ありましたが、久しぶりにリゾート気分に浸れました。
こういうのもいいですね。

最初はゆり園とランチバイキングの会場は離れているのでうんざりしたのですが、結果的に良かったです。

ただ、ゆり園の近くにもホテルがあり、こちらでもランチメニューがあった(看板)ので、時間に余裕がなければ、こちらで済ますこともできます。

グルメ // 娯楽の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ